一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら




北武蔵の和算家
埼玉北西部の算者たちの事績

山口正義 著

近世日本で高度に独自発展した和算
埼玉北西部、江戸中期から明治にかけて、
名も知られない多くの算者がいた。
算者たちはどのような問題に挑んでいたのか。
本書は算者たちの人物、流派伝系を記す。

数学史家三上義夫の研究書を基に、
各地に残された和算に関する書物、碑文、墓石を中心に調査。三上氏も調べ得なかった新事実も取り入れ、後年失われかねない貴重な和算資料と偉人達の業績を細録する。

あなたはこの問題を解けますか?

版型:A5判並製本 ページ数:398頁
発行年月日:2017年2月26日 初版発行
定価:(本体2500円+税) ISBN:9784-89623-111-3
ジャンル:地域歴史(数学史)


山口正義(やまぐち・まさよし)

1945年埼玉県毛呂山町生まれ。東京都羽村市に住む。千葉工業大学電子工学科卒業後メーカーにて通信機器等のソフトウェア開発・システム開発に永年従事。定年後地域の歴史や和算など調査勉強中。

著書
「尺八史概説」(出版芸術社、平成17年)
「天文大先生千葉歳胤のこと」(まつやま書房、平成21年)
「やまぶき―埼玉北西部の和算研究の個人通信」(私家版、平成28年)他

小論
「慈光寺の銅鐘は盤渉調なり」
(埼玉史談、59巻3号)
「江戸宿谷氏の改易について」
(毛呂山郷土史研究会「あゆみ」、38号)
「虚無僧の歴史の一断面―青梅鈴法寺を巡って」(同上、41号)
「市川行英門人・石井弥四郎和儀のこと」(群馬県和算研究会会報、第50号記念)他



同著者作品関連リンク
天文大先生 千葉歳胤のこと


本書内容

推薦のことば(日本数学史学会顧問・野口泰助様)
はじめに

一章 北武蔵の和算家概説
二章 上里町・美里町の和算家
三章 本庄市・深谷市の和算家
四章 熊谷市の和算家
五章 行田市の和算家
六章 小川町の和算家
七章 嵐山町・吉見町などの和算家
八章 秩父の和算家(東秩父村・秩父市・横瀬町)
九章 飯能市・入間市の和算家
十章 まとめ

附録一~十
あとがき
一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.