一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら



◇◆本書の内容◆◇
■第1章
 将来に渡ってシビリアンコントロールは
 正常に機能するか(防衛政策にかかる国民不在の歴史)
■第2章
 防衛政策等の変遷過程
■第3章
 自分なりの防衛に関する考え方の持ち方  ……など
元自衛隊員のおじいちゃんによる
孫たちへの贈り物
「ねえ、おじいちゃん!
 集団的自衛権が使えるようになる法律って、悪い法律なの?」


川井修一 著

元自衛隊幹部が贈る 日本国民への問題提起

 ミサイル防衛や安全保障問題と様々な課題が問われる日本だが、いまだ民意不在な状態で決定される防衛政策が多くある。
 本書では、ミグ25問題や冷戦終結などの防衛政策に影響を与えた出来事を、自衛官として直に体験してきた著者自身がQ&A形式でわかりやすく解説。
 さらに防衛議論へのアプローチ方法を一例を用いて語る。


 本書では、国民的な議論を経ずに決定されてきたと考えられる代表的な事例を紹介することで民意の不在にかかる問題意識を共有していただくとともに、憲法第9条の縛りや解釈に頼る防衛議論を離れ、我が国の安全保障政策は如何にあるべきかという視点から真剣な議論をしていただきたいという願いから、自分なりの防衛論を持つためのアプローチの一例を提示しました。(本書「まえがき」より)


版型:A5版並製 ページ数:148頁
発行年月日:2017年9月29日 初版発行
定価:(1500円+税) ISBN:978-4-89623-108-3
ジャンル:趣味・実用(エッセイ)

川井 修一 (かわい・しゅういち)

 防衛大学校、第28普通科連隊小隊長
 第1空挺団普通科群小隊長、東部方面総監部調査部情報幹部
 指揮幕僚課程学生、第13師団司令部防衛班長、
 第30普通科連隊中隊長、陸自幹部学校選抜試験班長、
 同戦術教官、陸幕監理部総務課企画班、
 第9師団司令部第4部長、第1空挺団本部高級幕僚、
 対馬警備隊長兼て駐屯地司令、少年工科学校副校長、
 研究本部第4課長、
 学校法人佐野学園理事長室長兼て企画部長、
 城西大学経済学部事務長


一つ前のページへトップページへ         書籍注文の詳細はこちら


このホームページに掲載されている全ての画像・文章の無断転載を禁じます。
(c)matsuyamasyobo Co, All right reserved.